モグワンドッグフードの成分は危険?信じられない特徴とは?

モグワンドッグフードは、動物愛護先進国のイギリスで生産。

その徹底された衛生管理で高い品質を維持しています。

そんなモグワンドッグフードの「成分が危険!」といった口コミを目にしました!

世界的に見ても

  1. 成分
  2. 原材料

に定評のあるモグワンにまさかの悪評です^^;

いったいどういうことなのでしょうか?

 

モグワンドッグフードの成分とは

モグワンドッグフードの成分は「モグワンドッグフードの袋」または「モグワン公式サイト」で確認することが出来ます。

その成分表がこちら↓です。

モグワンドッグフードのカロリーは「100gあたり約344kcal」と、一般的なドッグフードと大差ありません。

一般的なドッグフードのカロリーはだいたい350~400kcalとなっています。

また犬にとって重要な成分「タンパク質」も28%と、平均的ですね。

犬に必要なタンパク質は100gあたり「20~30%」と言われています。

更に犬に必要な脂質は15%と言われているんですね。

モグワンドッグフードの脂質は12%と、バッチリです!

つまりモグワンドッグフードは脂質・タンパク質共に最適な栄養素の成分配合と言える訳です!

なのでモグワンドッグフードの成分には、何の危険もございません^^

 

モグワンドッグフードには添加物が入ってる?

愛犬の健康を考えれば成分が気になるのは当たり前です。

そして、添加物についても考えなければいけせん。

低品質なドッグフードには

  1. 着色料
  2. 香料
  3. 調味料

といった人工添加物が含まれている場合がほとんどです^^;

ではモグワンドッグフードはというと・・・実は人工添加物は一切使用してません!

それについては、モグワンドッグフードの公式サイトでも、ハッキリと書かれています。

Q.モグワンドッグフードは、健康的では無い人工添加物を使用していますか?

A.

いいえ。モグワンは出来る限り自然に近い食材だけを厳選して使う事にこだわっています。

食材そのものの色・味・香りを大切にし、人工添加物は一切使用していません。

といったようにモグワンドッグフードは、成分だけでなく添加物にも配慮した作りになっているんですね^^

 

モグワンドッグフードはグレインフリー

モグワンドッグフードで最も注目すべきが「グレインフリー」という、穀物成分を一切使用しないという作りにあります!

グレインフリーとは

  1. グレイン=穀物
  2. フリー=不使用

という意味です。

実は犬にとって穀物は消化しきれない食材なんですね^^;

なので穀物類(小麦粉・米・トウモロコシ等)を大量に使用している市販の低品質なドッグフードは、消化不良を起こし

  1. 下痢
  2. 軟便
  3. 便秘
  4. 嘔吐
  5. 肥満

といった症状が出てきてしまう可能性もあります!

なのでモグワンドッグフードは「グレインフリー」を選んでいるんですね。

しかも犬には小麦粉アレルギーを持っている場合も考えられるので、尚更市販のフードは与えられません^^;

そして当然ながらモグワンドッグフードは「小麦粉も不使用」ですから、小麦粉アレルギーが心配なワンちゃんでも安心して与えられますよ!

関連記事

モグワンドッグフードの口コミは悪評だらけ?その理由を徹底解説!

モグワンドッグフード100円お試しモニターって何?